直線上に配置

会社沿革

昭和元年 創業 鈴木喜八郎が日立製作所を退社。桐生市で金鈴鉄工所を開設。織物機械の製作を始める。
昭和38年10月 鈴木喜一が富士重工(株)を退社。金鈴鉄工所を継承し(有)鈴木機械を設立した。富士重工業のスクーター関係、自動車関係のプレス金型の設計製作を始める。
昭和40年 富士重工支給材から自家手配に切換ったのを機に鋼材部設立。大同特殊鋼の代理店となる。
昭和42年 航空機用プレス金型の設計製作を始める。
昭和46年 富士重工航空機事業部より、テンプレートダイ(簡易抜型)の依頼を受け、ボーイング社仕様の金型約500型製作する。
昭和46年 プレス金型に加え、治工具部品の製作を始める。
昭和48年 現在地に金型工場、鋼材工場新設。大同特殊鋼に加え、日立金属の特殊鋼販売特約店となる。
昭和50年 バスハウス事業部向け治工具の設計を始める。
昭和60年 非鉄金属、樹脂の販売を始める。
平成12年 富士重工(株)工機部金型部品の製作を行う。
平成13年 富士重工(株)試作治具の製作を行う。